ふぅろぶうぅるず

愚者の楽園

【2018】あけおめ絵のウラのウラ

TL;DR

あけおめ絵を描いてて工夫した点とか苦労した点とか

ご挨拶

どうも、あたふたです。あけましておめでとうございます。

このブログというのも、去年の12月それもアドベントカレンダーに参加するべく登録したばかりのブログで、まだ

at0x0ft.hatenablog.com

とかいう自分の趣味をただただ書き並べただけの記事ただ1本だけが投稿されているっていう・・・。そんな中で 去年はお世話になりましたー とか言うのもなんかヘンなので、まあうん。

あけおめ絵ができるまで

生まれてから日本以外に住んだことがないあたふた君、多少なりとも礼儀を重んじる文化にどっぷり浸かってきた影響か、新年の挨拶たる年賀状を書くにあたっては思うところもあり、いい加減に済ませられるはずもなく、気合が入りすぎてあけおめ絵ができるまでのメイキング動画なるものを作っていたりもする。以下ではこの動画の内容も踏まえつつ、思ったことを色々書いていこうかと思っている。

見てわかる通り、ディジタル化が進んだこのご時世に "鉛筆で下書き→色鉛筆で着色(→スキャナーで取り込み)" とかいうなんともまあ面倒な手法を採用している。
これには

  1. ペイントソフトの使い方をマスターしきれていないから*1

  2. 自分の得意な絵の描き方が鉛筆系統を用いた模写だから

  3. 去年以前もこの方法を用いてうまくいっているから*2

  4. 時間かけて丁寧に描き込めば多少下手でも多めに見てもらえるんじゃないかとか期待しているから

という三つの理由によるところが大きい。

メイキング動画をあけおめ絵のウラの部分だとすれば、以下の写真はウラのウラになるんだけど、面白そうなのであげとく。

f:id:at0x0ft:20180102204844j:plain

f:id:at0x0ft:20180102204836j:plain

X1Yogaのカメラアプリで自分の手元を撮影するという荒業を成し遂げた。パソコン台ってこんな使い方も出来るんだと感動した。

因みに絵の下の名前が異なるバージョンが実は3パターン存在して、Twitterアカウント名のもの二つと実名のやつ、それに伴って動画も2パターン、微妙に異なるものが存在している。ちょっと面倒だったけど、まあ仕方ない。

ロケハン

去年と全く同じ作戦。都民の日の無料入場を利用して上野動物園で犬を探して題材にした(去年は小石川後楽園でカモを描いた)。
犬ってかなり身近にいるおかげで、動物園で見かけることは殆どなくて、実際のところ犬っぽい動物を探すのはかなり大変だった。動物を飼っていない身としてはつらい。
そんなこんなで今回見つけた動物は タテガミオオカミ。オオカミって実質犬だしええやろって思ったけど、実際に見てみるとこれ。

f:id:at0x0ft:20180102132511j:plain

キツネっぽい・・・。しかも寝てる・・・。凄い描きにくい・・・。
正直な感想がこれだった。フェンスにかかっている説明文を見ると更にこんな感じ。

f:id:at0x0ft:20180102133020j:plain

オオカミ(オオカミとは言ってない)。お前は一体何なんだ・・・。

まあでも多少鼻を強調すれば犬っぽくなるだろうし、寝ている姿はかわいくなくもないのでそのまま採用とした。

ペットショップに行って撮影しようかとか考えたけど、あけおめ絵素材のためだけにペットショップに侵入して、犬を撮影して即帰宅とかいうムーヴを決めるとそれはそれで立派な不審者だしお店にとって良い迷惑なので諦めた。

撮るだけ取ったはいいけど色々予定が立て込んで、ここで撮った写真は12月下旬まで、実に2か月以上放置されることになる・・・。

下書き

慣れてないせいもあってか、ざっと2時間くらい掛かった。去年はこの部分も動画化したんだけど、そこまで画質が良くなくて、はっきり言って書いてるかどうかも分かりづらいので思い切って今年は思い切ってばっさりカット*3
動画に乗っけた下書きかなりコントラストが強くなるよう調整したもの*4で、実際はかなり薄い。
時間こそ掛かったけど、まあそこそこうまく描けたんじゃない?(右耳のあたりが実は狂ってる)って感じ。

色塗り

おっそろしく苦労した。日陰に入った動物を描くのは多分初めてで、思うように理想の色になってくれなくて大変だった。

基本的に暗い色を作りたい時には、よっぽどのことがない限り黒を使わないようにしている。というのも、黒は色としては強すぎて(絶対的で)、使ってしまうと黒の部分が強すぎて、他の部分が霞んでしまうことが多い。一度使ってしまうと、後からの調整が効かなくなってしまうという点で黒は扱いがなんとも難しい色である(と思ってる)。

しかし、今回はそれが裏目に出た。青を混ぜながら塗ると、全体的に青ざめた元気のないような感じになってしまって、まるで病気に苦しんで寝込んでいるキツネでも描いているんじゃないか(キツネじゃない、オオカミ)って感じであーこれはまずいってなった。新年早々そんなの送り付けられた方はたまったもんじゃない。

青や紫といった寒色系の色は、綺麗だし好きな色ではあるんだけど、こういった 生き物の体の色として隠し味的に使う時には注意が必要 というのが今回の知見。

このことに気づいてから慌てて赤色とか加えて誤魔化したけど、時すでに遅し、なかなか青系統の色が消えてくれなくて困った。結果、青と赤が混ざったよく分からん色になってしまった。

「はー、下書きからやり直しかー」って思いながらダメもとで消しゴムをゆっくり擦ってみたら意外といけた。そっからはご覧の通り、黄色ベースにしつつ黒をメインにしてああいう感じの色になんとか修正完了。アナログだとこういう時につらいね。

消しゴムを掛けることで多少ぼかしの効果も得られて結果的には良かったのかなってのが今となって思うこと。色鉛筆の良さがちょっと薄れてしまうけど。

今回はオオカミのメインの色が焦げ茶色に近い色だったので、黒を使って問題なかった。てか寧ろ最初からそうするべきだった。色鉛筆の色は減法混色ではあるけど、厳密な減法混色ではない。元の色がどうしても残ってしまう。赤+青+黄≠真っ黒 ってことを実感した。

体毛の最も明るい部分の色も割と苦労した。黄色だと明るすぎるし、橙だと色は似てても光りすぎるし、茶色混ぜても微妙だし・・・。結果的に黄色ベースで茶色を全体的に被せてそこそこうまくいった。

12色の色鉛筆で色を表現するってやっぱ難しい。目的の色に含まれる成分を見て判断して的確に組み合わせないと再現できないから。勿論これは悪いことばかりではなくて、たまたま良い色の組み合わせ方を発見したりする場合があるので、これはもう冒険というかギャンブルというか、一種の職人芸なんじゃないかって思ってる。素人がこれに挑むってのはなかなか無謀かもしんないけど。

字とか

動画ではバッサリカットしているけど、字も色々ある。
基本的には筆ペンで紙に書いてスキャナーで取り込んで、GIMPで大きさとか調整しつつ配置し直すという方法を採っている。下手な字をかなり誤魔化した(その証拠に、動画の画面切替の時の字幕の字と、絵の上下にある字を見比べていただけると分かるかと思う。前者が無修正で後者が修正後。)

【余談】GIMPとの戦い【愛用ペイントツールの変遷】

GIMPは高校の頃に知ってインストールして「使い勝手悪りぃ!」と挫折し、以後ずっとAzPainter2を愛用してきた。

大学に入って、フォトショ弄ってみよう!的な講座で「あー電脳はさみ便利だなー」って思って、その電脳はさみがある無料のペイントツールはやっぱりGIMPでしょってなった。再度インストールして使ってみるも、操作感がGUIに寄りすぎている割に、マウスとかタッチパッドとかTrackPointで運用するにはかなりの苦行だと感じてやっぱり挫折。機能が多すぎて使いこなせなかったってのもある。もうちょっと機能がスリムでレイヤ移動とか具体的な数値で指定できて、ショートカットキーの再設定とかが比較的ラクなAzPainter2の方が良いや、ってなった*5。これが去年の年賀状作成の時の話。*6

今年に入って講義資料がpdfで渡される機会が増え、そのためのタブレットが欲しいなぁ(できれば液タブ的な運用もできる奴がいいかなぁ)とか思い、大奮発してThinkPad X1Yogaを購入*7。これが大正解。「もしかしてペン型のデバイスを使えばGIMPの操作感の悪さも多少改善できるのでは」と思ったけど、まさにその通りだった。ペンで画面を直接なぞりながらキーボード叩くと色々と細やかに調整が効かせることが出来て凄く良かった。X1Yoga様様である。*8

2度に渡る挫折を経て、ようやく分かり合えた。GIMPはペン系デバイスがあって初めて輝くソフト だと確信した。

ペン系デバイスが存在しない環境での無料ペイントツールとしてはAzPainter2を改めておすすめする。しかしAzPainter2よ、ごめんな。これからはGIMPが大活躍しそうだ。今までありがとう。そしてお疲れ様。

動画編集

去年もお世話になった、皆大好きAviutl。
これも実は高校時代に触って挫折して去年克服したパターンだったりする。
去年触ったくせに結構忘れててビビった。老いを感じた。
今回調べて出てきた有益なサイトとかは後々雑記的にまとめるかも。

音楽

バックで流れている音楽は1971年発売のYes*9のアルバム、"Fragile(こわれもの)"より、"Heart of the Sunrise(燃える朝焼け)"をAudacityで2分20秒以内に収まるように編集しなおしたもの。原曲はなんと10分34秒もの長さを誇る超大作である。良曲なので是非とも聴いてほしい。

編集してて思ったのが曲の構成がすごくよく考えられているということ。流石、プログレッシヴロックを代表するバンドの黄金期の作品と言われているだけあって何度聴いてもまるで飽きない。自分の下手くそな構成で曲の魅力が1/8未満になってしまったのがすごくつらい。

余談だけどFacebookに投稿したら見事に音声ミュートになった。仕方ないね。

投稿した後の話

TwitterにしろFacebookにしろ、めっちゃ画質悪くなってて泣いた。でも向こうもリソースが限られているわけだし、仕方ないね。

因みにこの絵を家族に見せたところ 「これ犬じゃないじゃん」 ってツッコまれてしまった。わかる、わかるよその気持ち。んでもそこは大目に見てくれ。

年賀状を絶対に紙で出さなきゃとかそういうのに固執する気はないけど、だからと言って日本の伝統が消えてしまうとそれはそれで寂しい。だからこそ、多少時間が掛かってもしっかりと新年の挨拶に臨んでいるつもりではある。
形がどうであれ、時代に即したなんらかの形で伝統が残ってくれれば良いのかな。

新年早々長文で失礼しました。改めまして、今年もどうぞよろしくお願いします。

*1:こういう時くらいしか絵を描かない人間にとっては、ソフトの使い方を毎年malloc→freeしているようなもの

*2:この形式のあけおめ絵を描いたのはこれで3度目、メイキング動画まで作ったのは今回が2度目

*3:一応撮ったよ

*4:その影響もあってか、周りに黒いボツボツが見られる

*5:絵とか描くときにできるだけ数値でカッチリ描きたい派。左右対称なものはできる限り(自分の許す限り)なるべく左右対称に描きたいとか思ってる

*6:素直にフォトショとかクリスタ買えよって言われそうだけど、年に1、2回しか絵を描かない人がわざわざ買ってもねぇ・・・ってところがある

*7:筆圧感知2048段階のwacomペンが付いている上に360度ヒンジが回ってタブレットモードにもなる。薄型ノーパソでありながら疲れにくいキーボードに加え、ThinkPad信者には欠かせないTrackPointまで付いている。All in Oneな神端末。Lenovoの回し者じゃないです

*8:従来のペンタブを買うことも考えたけど、それだとどうしても絵を描くという目的に限定されてしまうし、なにより描画される部分と実際にペンでなぞる部分が違うってのが嫌だった。おまけに液タブ買うとしっかりしたやつだと30万とかするので、そう考えるとX1Yoga(学生料金で15万弱)って選択はかなり最適解に近いんじゃないかって今でも思ってる。お絵描き以外の用途も当然ある訳だし

*9:最近だと2012年に放送したジョジョの奇妙な冒険、1部2部のアニメのED曲としてRoundaboutが有名か

ぼくのかんがえたさいきょうのぽけもんしんぐるぱぁちぃ

この記事はみす51代 Advent Calendar 2017の4日目の記事です。



皆様、いかがお過ごしでしょうか。あたふたです。

今日はポケットモンスターサン・ムーン(ウルトラも含めて)のシングルバトル対戦の考察をします。 一見さんとかポケモン対戦詳しくない人は「うわぁ・・・(ドン引き)」って感じかもしれませんが、まあなるべくわかりやすいように頑張ろうと思います。 USUMダブルパックで買ったのにクッソ忙しくて未だに積んでるのは何かのバグだと思ってる

対戦ルール

勿論シングルバトル。一般的なレートを想定(見せあい6350フラット1、道具重複禁止、準伝説のポケモンまで使用可能)を想定。

パーティ

早速だけど僕の手持ちを本邦初(?)公開。スマホで取ったものなので画像が見にくかったりするのはご愛敬。

f:id:at0x0ft:20171204084559j:plain

イキリオタクなので英語でやってる1

ポケモンの役割は以下の通り。


f:id:at0x0ft:20171204084629j:plain

オンバーンの相性補完要因。一般的には耐久型としての運用が多い、というイメージを逆手に取ってまさかの眼鏡フルアタで奇襲を掛ける。後出しから攻撃を受ける→引くor突っ張ってきたポケモンに奇襲が基本的な流れ。ふゆう持ちなのでガブリアスの相手もできる。そのためにめざ氷を搭載している。実はテテフを意識して入れた感が強い。


f:id:at0x0ft:20171204084618j:plain

終盤全抜き要因その2。ピントレンズ+きあいだめを積んで確定急所2で相手を粉砕していく。流星群のC下降補正も急所の仕様で無視して攻撃できるので耐久調整されたメガガルですら確定一発。強い。


f:id:at0x0ft:20171204084631j:plain

終盤全抜き3要因。きもったま+おんがえし+とびひざげりポケモンに等倍以上で攻撃が入る。 S種族値は135あるので大抵のポケモンには先手を取れる。おまけに初手ねこだましで襷潰し4が可能なので安定のタイマン性能を誇る。


f:id:at0x0ft:20171204084634j:plain

超霊狩り要因。後投げしておいうちで逃さず狩る。そんなに耐久ないだろうな、というイメージを逆手に取っていかくで物理受け&とつげきチョッキで特殊受け。意外と耐えることにビビって引いてくる相手の後続に岩石封じでS下降を狙ったりその他攻撃技で負担を掛けるのが仕事。参考にさせていただいた育成論:https://yakkun.com/sm/theory/n439


f:id:at0x0ft:20171204084624j:plain

コイツも基本先発運用。襷を持つことで1回安定行動を確保。ねばねばネットを撒いて後続の素早さを下げる。全抜きポケモンのためのお膳立て約って側面が強い。因みに撒いた後はふくがんかみなりで削りに入る。


f:id:at0x0ft:20171204084614j:plain

基本的に先発運用。いかりのまえば+レッドカードで相手のパーティの体力を奪う。レッドカード消耗後はどろぼうで相手の道具を奪うことも視野。

解説

基本的にはお膳立て&削り→全抜き。

前2体の相性補完を駆使しつつ負担をかけて、最後にグドラ降臨して1ターン稼いで全抜きして終わり。

ねばねばネットでSを下げて後続が確実に先手を取れるようにして勝つ。

ドータクン&ワルビアルの相性補完を活かしてサイクルを回して、メガミミロップで全抜き。相手になるべく負荷をかけたい時には、メガミミロップねこだまししつつメガシンカ→後続の交代という導入もアリ。

戦績

f:id:at0x0ft:20171204084636p:plain

†26勝36敗、最終レート1411pt†

・・・あのね、勝てない!w

分析(主に敗因の)

  • 加速バシャ多すぎ。このパーティ加速バシャにマトモに勝てるポケモンが実は一体もいないんだよ。S操作しても加速で帳消しにしてくるしさ。皆どんだけ加速バシャ使うんだよ。ひどいよこんなのあn(ry

  • リザードンもつらい。ワルビアル後出ししてもXは龍舞とか腹太鼓で強引に突破してくるし、Yはソーラービームで役割破壊されて乙。グドラ?耐えられない。エースだから消耗させる訳にもいかないし。バシャよりは勝ち筋あるけど交代読みで沈めるか負担掛けないと基本は無理。

  • 優位に見えるテテフも結局勝てないことが多い。ドータクン後投げしても交代読みシャドーボールで落とされることもあるし、サイキネ読みワルビアル後投げでも眼鏡シャインで確2でしたーなんてのがザラにある。この2体で倒せないとサイコフィールドでミミロップねこだましを封じられて、本来勝てたタイマンを落とすこともあった。

  • オンバーンが微妙。勿論確実に削ってくれるのは嬉しいんだけど、変に耐えすぎてひたすら泥棒に徹するだけになってしまったり、耐久型相手にまえば打ちまくってジリ貧に陥ったり、とんぼして返ったらまた出すタイミングを逸してしまったりと、なかなかうまくいかない。氷4倍も痛い。物理型で運用は流石に厳しい。

  • デンチュラも微妙。テテフの影響で単純な素早さ勝負になりつつあるこの環境で、1ターン犠牲にしてS下降操作をしてもあっさり抜かれてしまうことはよくある。そのくせ、自慢のよく当たるかみなりを打ってもあくまでも当たる確率が上がるだけであって、威力は全く上がっていない。つまりそこまで強くない。

  • キングドラ柔い!遅い!弱い!大抵の攻撃で確2なうえ、相手がS1段階下げられた状態でも上を撮れないことがある。しまいには急所流星群でも流石に輝石ラッキーは確3以下。その確定急所を発動するためのきあいだめにも1ターンを要してしまうので、相手を一発で沈めない限り勝つことができない。(きあいだめターンに被弾&急所攻撃を耐えられたら返しのもう1発で倒されてしまうため)。こうなると選出する理由が本気でない。採用率は体感1割程度。

結果的に思い描いていた戦術を達成できることは少なく、殆どの試合で(パターン3)の選出をするのが普通だった。(そのおかげでワルビアルミミロップドータクンがかなり強いことにも気づけた)

改善案

  • まえば要因は少なくともクロバットを使うべきだった(但し、ORASを持っていないので現実的には不可能だった)。4倍弱点もないし、攻撃種族値も低くないし、オンバーン以上に速いし、後出しでも十分いけそうだし(ひょっとしてオンバーンの完全上位ごkうわ何をするやめr)。

  • というかまえばはゴーストに通らないのでどうせなら無効タイプのないフェアリー技の"しぜんのいかり"を使うべきだった。けど、そうなるとカプ系に限られてしまい、厳選が面倒(準伝説に頼りたくないというのもあったりする)。

  • とはいえ、参考にさせていただいたワルビアルの育成論を見ると、レヒレとの補完が物凄く良いって書いてあるので、やっぱりレヒレに変えた方が良いじゃん。この構築で最も重いバシャーモ止められるし。

  • ドータクンのめざ氷は殆ど打つ機会がなかった。ふゆうを警戒してガブはたいてい引いてくることが多かった。代わりにリザードンバシャーモが出てくることが多い。それを読んでめざ岩にするべきだった(バシャーモならサイキネで多分確1)。いくらメガシンカ先が2通りのリザードンだとしても後出しなら普通のリザードンでしかない。つまり岩なら4倍で通る。

おわりに

強ポケには
使われるだけの
ワケがある

あたふた

不意を打つ戦術が第一&600族準伝は使わない&なるべく好きなポケモンをモットーに戦ってみたんだけど、なかなか厳しいよなあ。5世代の感覚のままでいきなり7世代はやっぱり厳しい。それもこれももっと自分の読みが正確であれば、"このポケモン弱い!"とか言わずに上手く使ってあげられるんだろうけどねえ・・・うん。

ともあれ、久しぶりのポケモンはなかなか楽しかったです。ストーリーも面白かった。育成時は辛いけど、"こんな変なパーティでこんな変な戦術で戦われたら、相手はおったまげるだろうなあ"って想像すると割と頑張れる。(普通の人はそうでもないのかな?) あたふたの修業はまだまだ続く・・・。



何気にこれ、このブログの最初の投稿なんだよね・・・。こんな長い長い記事を最後までご丁寧に読んでいただき、ありがとうございました次から気を付けます

明日は今年彗星の如くCG研に現れた神絵師こと、おいなりさんです。ではでは。


  1. 6体の手持ちのポケモンを見せ合い、3体選出してバトルを行う。レベルは50以上なら50に直され、50未満ならそのまま、というルール。レート対戦等で最もメジャーなルールといっても良い。

  2. このムーンは初見で言語は英語、学習装置禁止、ポケセン回復禁止(ボックスに預けて回復も禁止)という条件で殿堂入りを達成したROMであったりもする。ポケモンは殿堂入りまでがチュートリアルでしょ?

  3. 急所に当たった場合、自分に不利な能力変化をすべて無視した状態で威力1.5倍で技を打てる。これと急所ランク+3以上で攻撃が全て急所に当たるようになる仕様を組み合わせて戦う戦術。

  4. 体力の減ったポケモンを次々と倒していく役割のポケモンのこと。素早さと攻撃または特攻が高く、防御特防が低い所謂紙耐久ポケモンが任されることが多い。

  5. きあいのタスキ(体力満タンの時に一度だけ致死攻撃を受けても体力を1だけ残して耐えることができるアイテム)を先制技等を使って無効化すること。